蛍雪 の 功 書き下し文

蛍雪 の 功 書き下し文

蛍雪 の 功 書き下し文



蛍雪の功. 解釈:苦学して学問を修めた成果。. 蛍窓雪案とも。. 孫氏世録曰、康家貧無油。. 常映雪讀書。. 少小清介、交遊不雜。. 後至御史大夫。. し。. 常.

 · 蛍雪(けいせつ)の功(こう) | 今週のことわざ(三省堂辞書編集部) | 三省堂 ことばのコラム.

蛍(ほたる)の光や雪明かりによって勉強することで、苦労して学問に励むという意味。. 【語源・由来】. 「晋書」より。. 貧しくて灯火用の油が買えないため、車胤は蛍を集めた光で、孫康は窓辺の雪明かりで読書したという中国の故事から。. 【類義語】. ・苦学力行. ・蛍雪の功を積む. ・蛍窓雪案. ・雪案蛍窓.

蛍雪の功: 鶏鳴狗盗: 逆鱗にふる: 拳拳服膺: 乾坤一擲: 捲土重来: 賢にして財多ければ、則ち其の志を損ない…… 犬馬の心: 犬馬の養い: 犬馬の労: 言悖りて出ずる者は、亦た悖りて入る: 黔驢の技: 剣を落として …

- 1 - 蛍雪の功(けいせつのこう) 晋(しん)の時代に車胤(しゃいん)という人がいました。 幼いころからつつしみ深く、まじめに学問をして飽きることもなく、あらゆる文献に目を通して、何にでも広く通じてい …

蛍雪の功. 9. 154. 0.

「蛍雪の功」の短文を調べると、(辞書やパソコン) 「蛍雪の功なりまして・・」とか「蛍雪の功なって・・」 と出てくるんです。 『蛍雪の功』と『なりまして』の間に接続語がいると思うのです。 いらないの...

 · カテゴリマスター. 2015/7/30 21:08. ID非公開さん、車胤、蛍雪の功で検索してください。. 書き下しhttp://kanbun.info/koji/keisetsu.html口語訳http://chiebukuro.search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RAqaniEbpVMSsAtrxqAPR7?p=%E8%BB%8A%E8%83%A4&flg=3&class=1&ei=UTF-8&fr=common-navi&dnum=2078297836. 1人がナイス!.

・蛍雪の功 ・杞憂・蛇足 ・虎の威を借る狐 ・矛盾 俳句 短歌創作 落語「寿限無」 いろはうた 百人一首 日本語の響きを味わう〔言 語文化〕 漢文に親しむ ・「春暁」 (白文、訓読解説、書き下 し文、口語訳) ・「静夜思」 (書き下し文、口語訳) 『論語』・『大学』 ・故を温ねて新しきを

故事成語と漢詩漢文の名言。「矛盾」の意味・原文・書き下し文・注釈を掲載。

蛍雪 の 功 書き下し文 ⭐ LINK ✅ 蛍雪 の 功 書き下し文

Read more about 蛍雪 の 功 書き下し文.

happykupons.ru
vmtz-spb.ru
strekoza-tours.ru
ksktiksi.ru
stusha.ru
color45.ru
kreditizaim.ru
filmking.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
Worry pulls tomorrow's cloud over today's bright sunshine.
Guest

A handful of patience is worth more than a bushel of brains.

Guest
A grouch is a person who somehow can manage to find something wrong with even the good old days.
Calendar
MoTuWeThFrStSu